.

クルマを持っているあなたならば分かっていると思いますが、自動車税なるものを支払う義務があります。ジッテプラス

そしてこれは手放す自動車の買取時に一般的に戻ってくるお金なのです。今日会える

こういった内容は現実にやってみると簡単に頭に入ってくると思いますが、それでは頭から順に説明していきます。オールインワンゲル ブログ

ちなみに記載しておけば国内で作られている自動車のみが対象ではなく外車などでも税が還ってくる範囲になってきます。安い 駐車場

これは車についてもそうですね。BMW ミニ クーパーS R56 買取 査定

車を所有する人が払わなければいけない税金で、税額はクルマの排気量の大小により規定されています。マユライズ 口コミ

1リッターより低いならば29500円、1リッターから1.5リッター以下の場合34500円になります。メディプラスゲル 口コミ

これ以上は500ccごとに5000円ずつ増えていきます。

それからこの税金は4月1日現在ので車を保有している人が、来年3月までの全額を支払うことになります。

ということは前払いになるのでもちろん愛車を買取してもらって所有権を手放した際は先に払った分の税額は還付されるんですね。

この自動車税というのは事前納付でその年度の全額を納付するから一年以内に愛車を買い取ってもらった際は新しい所有者が税金を納めなければいけないのです。

売却相手が買取専門店ならば売却時に所有者が払いすぎたお金を返金してもらえます。

要は所有権が移転された瞬間より後の税金は新しい保有者が納税義務を負います。

もしも10月のうちにクルマを買い取ってもらった時は、11月以降翌年3月いっぱいまでの払った税金は戻ってくるのです。

というのも、前も述べた通り自動車税というのは前払いであるという決まりからも明らかです。

まとめると、前オーナーは売却先に税金を返金してもらうということなのです。

個人で愛車を手放す際に、意外にこのような知識を忘れている人が見受けられるので確かめるようにしてください。

自動車税が車の売却で返金されるという知識を意外と知っている人がいない事をいいことにその事実を隠す悪徳業者も存在します。

こちら側から返金について言わなければ、全くそのことに説明しないというケースもしばしば聞かれます。

ですからクルマの買い取りをお願いする場合は税金が返ってくることを聞くことを怠らないようにする必要があります。