.

FXビギナーが相場の要を理解するには、初めに学習を積んでいく事が大切です。

とりわけ、直前にピンチを気付くようにするには、ポカを積み重ねることも体験のひとつです。

とは言うものの、マイナスになるといっても立ち直れなくなるほど重大な間違いをしてはいけません。

取り返しが付くケアレスミスを何回か経験することが結論として自分のレベルを上げてくれます。

それを考えると、最初は小さな額で投資して、幾度か小さめの負けを経験することをおすすめする。

例えとして、100万円だけしか投資する事が出来ない方が考えなしで少しも残さないで投入して取引すると、損した時、金輪際立ち上がれなくなってしまう怖さがあります。

それよりは、ひとつの例として10万円ずつ小分けして注文してそれによって売り買いを繰り返したほうが、段々と損を回避する術なども覚えるはずです。

まず少額資金で売買する事のメリットは既出の通り、自身の取引経験を増やし負けをコントロールする技術を学んでいく事にありますが売買の回数を増やす事で危険を削減できるという良いところもあります。

仮に、1回あたりのエントリーで利益を上げられる可能性が5割だとしよう。

ということは、同じ確率で損が生じる危険性もあります。

勝率5割ということは。

半分半分の比率で勝利できる事を意味しています。

だが、全部の資金を投じて1度だけの仕掛けをするということは、100%の勝ちか、100%の負けかの片方になってしまいます。

そのままでは賭博と同じです。

つまり、全てを投じて1回しかエントリーしないと、それだけでは負ける可能性が大きくなります。

これを回避するために、資金を1回に全部投入するのではなく、少額ずつ分けて、機会を多くすることがリスク分散となります。

そして何回かに分けたとしても全てのトレードで利益を出す事は大事ではありません。

正確に言うと、全部は勝てないのが実際です。

売買で不可欠なのは、勝つ回数ではなく、どのように稼ぐかです。

勝率が50%でも、たとえそれ以下でも儲かる時は儲かります。

負ける確率が高くてもその収益が少なければ、少ない勝利のプラスの大きさだけで上手に儲けられる。

そのためには、損を少なくして、儲けを大きくして肝に銘じる事です。

損が出たらすぐにロスカット注文してそれとは逆にプラスになる時は大きく利益を出す事が、外国為替証拠金取引初心者が外国為替証拠金取引で利益を上げる神髄です。